スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君に届け 2ND SEASON op.7~あきらめちまえよ~

2011年03月26日 23:52

再び立ち上がる為の第7回。
そんな言葉で諦められるなら、こんな思いなんてしない。

・approach stride

<あらすじ>
とうとう風早は勇気を振り絞り爽子に告白するが、その想いは爽子に正しく伝わらず、互いに振られたと思ってしまう。恋の終わりを感じる二人だが、彼らの前に―――。



<感想>
爽子が風早に対して何をすべきか。その道標が示される回ですね。

前回も書きましたが、爽子は既にその答えを持ってるんですよね。そうすることで、矢野ちんやちづと「友達」になったのだから。
風早ともまたそうするしかないのです。そのことを「友達」や「好敵手」が導いてくれました。



勇気を持って一歩を踏み出す。



今回は久々の胡桃のターン。
「好敵手」に対する「意地」と「親愛」・・・二つの両極端な感情が胡桃の中には内包されてて、それが上手く表現されてるのがいいですね。
胡桃というキャラクターは善悪のバランスが絶妙なのが、私的にはポイントなのかと思ってます。彼女こそそれこそよく言われる「キャラが勝手に動いてくれる」キャラのような気がします。
爽子とのやり取りや矢野ちん、ちづとのやり取り、そして、健人とのやり取り―――一連の流れ(セリフや表情etc...)は考えて創ってる感がしないので。本当に自然な流れだなって思う。



風早に対しては、恐ろしく鋭いですね、ピンは。爽子のことに関しては矢野ちんとちづに一蹴されてましたが・・・やはり、同性同士だからこそ気持ちが何となくでも分かるのでしょうか。
今回のサブタイトルにもなった「あきらめちまえよ」はピンから風早へ向けられた言葉でしたが、それで納まりがつく気持ちならその程度のもんだと見透かしてるようなピンの表情。ピンも風早に発破かけてる・・・つもりはないかもしれないが、そうかもしれない、と思いたい。



健人の結末としては、今はああなるしかないのでしょうね。
矢野ちんにあっさりと本質を見抜かれてしまって、絶句状態ですが、前回も少し書いたようにここからの成長の期待を込めて、報われて欲しいです。



しかし、まぁ、どんなことよりも今回の最大の見せ場は、胡桃が梅ジュース買うところ



次回、届け。
伝えたい、この想いを。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/491-26808064
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。