スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは op.9~喜翆荘の一番長い日~

2011年06月16日 23:36

君を、あなたを探し求める第9回。
どうして、君には見つけられて、僕には見つけられないのだろう?

・It is you that always look for.

<あらすじ>
徹を探しに街の式場に出てきた緒花だが、なかなか徹を見つけられずにいた。途方に暮れていた緒花だったが、その時、緒花の携帯電話に着信音が鳴り響き―――



<感想>
今回のエピソードのテーマは前回でやり切っていたので、正直なところ、一話完結で終わらせていても良かったように思えるのですよね。
それでも、二話に分割してやったということは、やはり、恋?の三角関係に触れておく必要があるんでしょうね。



今回の話では、緒花は徹を探し求めて、考ちゃんは緒花を探し求めていました。
緒花は無事に徹を見つけることが出来たんですけど、考ちゃんが緒花を見つけることはとうとう叶いませんでした。
これが、未来を暗示していなければよいのですがね・・・何て思ってたら、考ちゃんのそばに新しい女の子がいるんですけど!?



・・・実は、この段階で既に11話まで観ています。
なので、ここで書きたいことは11話レビューと纏めて書きます。ちゃんと纏まるといいんですけど。



しかし、まぁ、緒花の行動は働く者にとっては胸熱ですね。
あれだけ無条件で頼られたら、俺が何とかしてやる!って応えてやりたくもなるってものだ。



次回、微熱。
私がここにいることの意味を求めて。



・ぼんぼりラジオ 花いろ放送局 第9回
週替わりパーソナリティーは豊崎愛生さん。
「秘湯」へのツッコミがようやくwそれでも、あれは「ひゆ」でいいのかw最早、あれはスタッフ含めて誰も気づかなかったのか。それとも、作為的なのか。謎のままにw
「美河県一の町」の看板は見たことあるなぁ。懐かしい・・・。番組内では触れられてませんでしたが、あれはもうどうやらないらしいということを知って時の流れの虚しさに嘆きが止まらない。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/520-06357fde
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。