スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lock on!!

2008年03月12日 19:51

せっかくだし、GARNET CROWの「LOCKS」の発売直後の私の感想でもつらつら書いてみようかな。
昨日も書きましたけど、彼らの曲は半年・・・1年と聴く度に必ず印象が変わるのが私にとっての楽しみだし、ここで書いておいて、またいつの日かこのアルバムに触れたときにこの日の記事を読み返すと面白いかもしれない。

詞を見た感想として。
「最後の離島」の"宇宙(そら)"とか「もう一度 笑って」の"生まれたての気持ち"とか何か以前に見たときある単語・・・と思ってしょんぼりしたこと。
気のせいだったらいいけど、"宇宙(そら)"は「スパイラル」で、"生まれたての気持ち"は「晴れ時計」で使ってなかったかなぁと思って。思い出すと、止まらなくて。

曲の方は、やっぱりバリエーション豊富って思った。
昔こそ、GARNET CROWはバラードでダークな印象の曲じゃないと駄目だろうなぁなんて事ばかり思ってましたが、いつの間にかそんな思いも消えてしまっていた訳で。

アルバム曲はどれも悪くないですね。特にやっぱりラスト4曲が詞と曲共に個人的にポイント高いです。
いや、でも「最後の離島」も「もう一度 笑って」も「doubt」もポイント高いかな、やっぱり。

シングル曲は、その分イマイチ感がありますかね。
「涙のイエスタデー」はアルバムヴァージョンでどう変わると思ったけど、あのサビから入るのは嫌だなぁ。それで曲自体長くなってるのも(長くなってますよね?)。

何か悪いことばっか言ってる気がしますけど、今作も全然いいアルバムを送り出してくれたなぁって思ってますよ。お金を払って良かったって思えますもん。
ただ・・・アルバムが出て、聴いて、どうしても思ってしまうんですよ、毎回。



インディーズと1stと2ndがやっぱり良すぎる



って。
あの頃の感じの曲が聴きたいとかそういうのを思ってる訳じゃないですよ。
今のGARNET CROWの曲も好きだし、これからも聴いていきたいし。
ただ、そう思ってしまうってだけの話です。
それに、彼らは必ず1年に1枚アルバムを出してくれますよね(2005年はBESTだけど、BESTの中のBESTで新曲も入ってたし)。
もう、それだけでプロのアーティストとして賞賛に値すると思うんですよ。
そんな簡単にひょいひょいアイディアって出てくるものじゃないと思うし、でも、こうして世に送り出してくる訳で(しかも、どれもいい曲だと思うし、個人的にはどれも標準以上だと思いますし)。
だから、何を言いたいのかと言いますと、ちゃんと素晴らしいアーティストだと思ってるよってこと。

こういう点では、私がまた別に好きなBUMP OF CHICKENとは一線を画すかもしれません。
彼らはもう少しメジャーというフィールドでやっていることを意識してほしいかも。
だからといって、駄作を出されるくらいなら時間をかけてほしいし、彼らの場合はそういう事だろうからアルバムが出るまであれだけの時間がかかったってことも分かるけど、うーん、まぁ、しょうがないちゃ、しょうがない話なんだけどね。

とにかく両アーティストともこれからもいい曲を聴かせてくださいねってことです。
かれこれ8年くらいは聴いてきて、未だに飽きることなく聴いているわけで、それはとてつもない奇跡のような感じがして、まだまだ聴いていたいと思うわけです。

ホント、解散とか考えたくないね。
そうなったら音楽に触れる機会は極端に減るだろうなぁ。



(追記:今日のオリコンのアルバムデイリーで「LOCKS」は4位ですね。まぁ、順位はともかく枚数が前作より上がってくれるといいです。CDが売れなくなってるとはいえ、少しずつ売り上げが落ちてますからね。50000位出て欲しいですけど、現実的に前作と同じ~少し下がる位と見て、30000~35000位かなぁ、やっぱ。)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/53-58c422bb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。