スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは op.16~あの空、この空~

2011年07月25日 21:58

若旦那奮闘の第16回。
映画製作は吉と出るか、凶と出るか―――。

・映画とプール

<あらすじ>
喜翆荘再興の為に、縁と崇子は映画製作とその出資をスイに提案する。いくらかの抵抗はあると思われたが、意外にもスイは二つ返事で了承する。かくして、喜翆荘を舞台とした映画の製作が始まるが―――。



<感想>
今回のエピソードは「縁のコンプレックス」がテーマになるのでしょうか。そのコンプレックスは姉の皐月に対するものですが、その克服が今回のメインになりそう。

コンプレックス解消のキーワードは「映画」と「プール」と言えそうです。

今まで縁は崇子と共に喜翆荘再興の為に色々な手を尽くしてきましたが、今回の映画の件は並々ならぬ情熱を注いでいることが感じ取れますね。女将がこれにゴーサインを出した意図は、そうしたものを彼から感じたからか、はたまた別のところにあるのか・・・本当の意図はどこにあるのかが気になるところですが、今回のエピソードはここから物語がスタートします。

縁は映画製作の条件の一つとして、喜翆荘にあるプールを使用することを提示しました。
ここに姉に対する何らかの想いを抱き、彼にとって思い出深い場所であることが窺えましたが、具体的なところは不明です。

映画製作は順調に進んでいるかのように見えるが、最後の電話が不吉な予感たっぷりですね。
まぁ、このまま順調に進むとも思えないので、この電話が波乱を巻き起こすのだと思うのですが、縁には頑張ってこの困難を乗り越えてもらいたいですね。

さてはて、この二つのキーワードがどのように絡むのか、次回が見物ですね。



次回、プール・オン・ザ・ヒル。
再び還って来る、約束の場所へ。



・ぼんぼりラジオ 花いろ放送局 第16回
週替わりパーソナリティーは小見川千明さん。ツナに引き続き、今度は、めんつゆ万能説。
何だかんだで石川県の観光スポットやグルメ情報って色々と出てくるものですね。既に30以上は出ている?自分の出身地も探せばこれくらいはあるのかもなぁ。地元のことって案外知らないものだから。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/536-8357596a
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。