スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは op.17~プール・オン・ザ・ヒル~

2011年08月02日 23:59

挑戦の結果とそれを続けた男の姿が描かれる第17回。
数々の失敗と挫折の果てにある理想をずっと追いかける。



・疎外されてきた者の孤独

<あらすじ>
喜翆荘のPRの為の映画製作が行われることが決定し、緒花たちも出演することになる。撮影は順調に進んでいき、無事に終了を迎えたが―――。



<感想>
今回の縁のエピソードはまだ続くのかと思いきや、どうやらこれで終わりみたいで、何とも言えないもやもやが残ったエピソードでした。でも、秀逸なエピソードです。
今回のエピソードのテーマは「縁の姉に対するコンプレックスの克服」ではなく、「それを克服しようとする縁の姿」を写すことにあったみたいですね。



縁は幼少期の頃からずっと、母親の瞳にはいつも何でも上手くこなしてしまう姉の姿しか映っていないように感じており、何とかして母親の目を自分にも向けて欲しいと密かに思っていたのだと思います。だからこそ、彼は喜翆荘を継ぐことを決め、経営状態が芳しくない今の状況を崇子の力を借りてでも何とかしようと挑戦を続けていたのでしょう。そうすることで、母親の気持ちが少しでも姉から自分に向けてもらえるようになると信じて。

母親であるスイはそんな息子の気持ちなどお構いなしに彼の提案を却下し続けてきたわけですが、今回の映画製作の提案を二つ返事で受け入れたのは「母親らしいこと」をしようと思ったからです。つまり、喜翆荘の跡を継ぐのは皐月ではなく縁なのだから、もっと息子に目をかけよう―――今までは皐月のことしか見てこなかったけど、これからはもっと縁のことも見てあげようと思ったのだと思います。
そのきっかけは、喜翆荘で皐月と久しぶりの再会を果たしたことだと思います。その影響が今回に表れたのだと思いますね。

結果として、映画製作の件は失敗に終わってしまいますが、スイは、失敗の責任を受け入れる覚悟を持っていることとその原因を持ってきた崇子をかばう息子の姿を見て、見直したようでした。
一方の縁も、コンプレックスの大元となっている姉の前では、喜翆荘を受け継ぐのは自分であり、失敗の責任は自分が取ると言い放ちました。彼もまた喜翆荘の跡継ぎが自分であると自覚し、今の今まで挑戦し続けてきたわけですから、プライドがあるのです。ずっと姉に引け目を感じてきた縁ですが、その姉に弱さを見せなかったことが縁の成長ではないかと思います。

しかし、そんな縁も崇子の前では情けない姿を晒してしまいます。これは、今まで姉に頼ってきた反動なのでしょうね。皐月も崇子も常に自信を持ってて気の強い女性で縁にとっては非常に頼りになる存在です。姉が遠くへと行ってしまった今の縁にとっては、頼りにできるのは崇子だけなのです。姉に弱い自分を見せたくない代わりに姉に近い存在である崇子に甘えてしまうのでしょうね。



そんなわけで、何だか頼りになるかと思えば、情けないところもまだまだあって・・・未だ成長途中の縁のエピソードでした。縁は人間味が溢れてますね。
今回のエピソードは、6話と13話が前段階で活かされていて、本当に緻密な構成の下に練られてるなぁと感じました。
プールにおける縁と皐月の対比も上手いですよね。水面を自由に泳ぐ皐月と水のしがらみに囚われて動けない縁。そんな縁は大空を飛ぶ戦闘機?のように水面を這い上がってどこへでもいくことのできる皐月に対して「憧れ」を抱きながらも、母親が自分を見てくれない原因を作り出していることに対する「劣等感」も抱いているのです。



次回、人魚姫と貝殻ブラ。
されど、地上に憧れる人魚姫として。



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第17回
週替わりパーソナリティーは豊崎愛生さん。
しかし、能登さんは本当にイメージとは裏腹な方ですね。家でくつろいでいる時の格好がずぼらな女性じゃないかw「ホタルノヒカリ」の雨宮さんを彷彿とさせるw逆に、かな恵氏はエロい格好ですね。短パンにタンクトップとは・・・ハァハァ。
牛丼にフレンチドレッシングかけて食べるとおいしい、みたいなことは何かの番組で観ましたね。何だったかな・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/538-7872c2cb
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。