スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出スタートライン #1

2011年08月31日 12:45

何だかご無沙汰になってしまいました。結崎です。

「花咲くいろは」の感想もオンタイムに追いついた!と思っていたら、またもや気づけば4話分も間が空いています。
P.A.WORKSの次の製作は「Another」だと知って、歓喜している私でございますよ。この辺りの感想(つぶやく予定)含め、アニメに関することは時たまアニメワンの方でつぶやいておりますので、そちらもぜひ、見ていただければと思います。



さて、仕事を辞めて、早3ヶ月の期間が経とうとしております。
只今、絶賛ニート中の私ですが、こんな甘い夢のような生活が長く続くわけもなく、いい加減に次の道を見つけんとなぁ・・・と20日ばかしの空白期間の間、帰省して親や数少ない友人と久方振りのコミュニケーションを交わし、色々と思うところをあれやこれやと考えています。



「本」に携わる仕事がしたい。



とは実は、ずっと思っているのですが、そこに自信を持って進めないのが今の、昔からの私の本性。
仕事を辞めてしまった原因は、人間関係だとか仕事内容だとかも確かにあったと思うのだけれど、結局は、始まりの始まりに自分が自分の可能性を諦めてしまって、無難な道を選んでしまったことがそうなのかなと最近は思い始めています。

じゃあ、自信を持って自分の思う道を進めないのはどうしてだろう、と考え始めたら、それは、人間関係の煩わしさから逃避したいと常日頃から思っているからなのかもなぁとかも思っています。
自分の思っていること、考えていることを相手に伝えることって本当に難しいです。それは、営業の仕事をしていて、改めて身に染みて感じたことです。そして、いつしか理解されないこと、共有できないことに嫌気や疲れや諦めを感じてしまっているのですよね。自分には無理だと。現実の世界で人と分かり合うことは。だから、「物語」の世界に、一人の世界に逃避しちゃうんだろうな。

思えば、高校の時から、人とのコミュニケーションを避けるようになった私ですが、そのツケがここにきて重くのしかかってきています。だからといって、これまでの自分の人生を否定はしません。今更、仮定の話をして、どうにかなるわけでもありませんからね。ただ、後悔はたくさんありますけど。



いずれにしても、未来の終わりはすぐそこまで迫ってきてます。貯蓄と失業保険で生きていけるのも今年いっぱいです。そうなったら、一人暮らしの生活も終わって、実家で細々と人生を終えるのでしょう。それが、自分の人生に合った一生なのかもしれません。でも、そんな人生で終わるのは嫌だ!と思う自分もいるのです。

ああ、ちっくしょー!何て情けないんだ、私は!自分の中でジャイアントキリングを起こしたいのに!革命的な変化を、「何か」を起こしたいと思っているのに!ちっとも、この脚は動きやしない!考えるばっかりで、あれこれ悩むばっかりで行動に移せない自分を許せない!



悲劇のヒーローを演じて、自分に酔って、誰かの同情を煽りたいわけではなく、ただ本当に心の底から考えている自分のありのままの気持ち。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/540-904618fe
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。