スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花咲くいろは op.20~愛・香林祭~

2011年09月03日 23:14

民子のルーツとプライドが描かれる第20回。
今はまだ迷いながらも料理も恋も一生懸命に!



・恋のオムライス戦争(後編)

<あらすじ>
姫カフェのメニューについてクラスメイトと言い争いになってしまった民子は宣言通りに朝早くから学校に来て、一人で準備を進めていた。そんな彼女を心配していた緒花の協力の申し出も断り、準備当日の午前は過ぎてゆく。やがて、お昼に差しかかり、菜子が結名と共に緒花のクラスへ向かうと、緒花と民子は涙を流しながら玉ねぎのみじんぎり合戦をしていた。雪をはじめ調理チームのメンバーも教室にそろい、時間の頃合も良く、菜子はみんなでお昼ご飯にしようと提案する。難色を示した民子だったが、腹の虫には逆らえず、みんなと共に調理室に向かうことに。そこで、再び、オムライスを姫カフェのメニューに加えるかどうかの問題に民子と雪は直面することになるのだった。



<感想>
今回は民子と雪ちゃんの対比を中心に、「高校生の特権」を浮き彫りにするエピソードだったのかな。

民子は早くから板前を志して、「自分の道」を長いこと歩んでいますが、それもこれも、小さい頃に自分の運命を決定づける出会いを既にしていたわけですね。
それは、確かに高く尊いことなのですが、彼女たちの年頃ではむしろ、その道を見つけられない人の方が遥かに多いでしょう。
けれども、彼女たちの目の前には迷って、間違えて転んでしまっても「可能性」という名の道がいくらでも広がっているんですよね。それが、彼女たちに与えられた「特権」です。そうして、いつの日かいくつも伸びている「可能性」の道から「自分だけの道」を見つけ出していくのでしょう。

(今回のエピソードはBUMP OF CHICKENの「ダイヤモンド」を聴くと、より一層楽しめるのではないのかなと思います。誰もが「ダイヤモンド」の原石なんですよね。)



民子と雪ちゃんのオムライス戦争は「みんちのオムライス」でも「雪ちゃんのオムライス」でもなく、「みんなのオムライス」を提供することで収束しました。みんなのアイディアを集結させてできたオムライスは、学校の調理設備でも満足のいく料理ができると民子も納得しました。

また、民子も雪ちゃんも互いの言い分を理解したのではないでしょうか。
「みんちのオムライス」を食べた雪ちゃんは学校の調理設備では満足のいくオムライスは提供できないと言った民子の気持ちが、雪ちゃんが想いを込めてつくったオムライスを嬉しそうな顔で食べる霧人の顔を見た民子は大好きな人に自分の想いを込めた彼の大好物を提供したいと言った雪ちゃんの気持ちが。



一方の菜子サイドですが、こちらは私が思っていたものとはちょっと違っていましたかね。
菜子の理想は、緒花のクラスのようにクラス全員が一丸となって文化祭の催しものに取り組む姿を夢見ているのだと思っていたので、もう少しクラスのみんなに呼び掛けをしたりでもするのかなと思っていたのですが、自分ができる精一杯のことをやると決めたのでしょう。その思いは水野さんにもきちんと伝わったみたいで、菜子と「友達」でありたいと思ったのです。



いやー、今回は清々しいほどに気持ちのいいエピソードでした。前回の「どろどろ」を見事に払拭した異色の出来だったと思います。
特に、雪ちゃんが霧人くんにオムライスを提供するシーンはすごいですね。彼女のドキドキがこちらまで伝わってくるような緊張感の演出が見事でした。何度、悶え死んだことか。雪ちゃん、可愛いよね。

それにしても、今回の緒花は見事な残飯処理班でしたねw



次回、蘇る、死ね。
そして、再び、「ゼロ」に戻る・・・。



・「ぼんぼりラジオ 花いろ放送局」 第20回
週替わりパーソナリティーは豊崎愛生さん。
「喜翠荘の秘湯だより」では牛丼+フレンチドレッシングのネタが再び。おいしいんだろうけど、実行するのにはそれなりの勇気が必要ですよね。とても一人の時にはできない・・・。
「花いろ ゆ~ゆ~マップ!」での牛首トンネルを紹介している時の能登さんがえらいイキイキしてることwかな恵氏のあの怯えようと悲鳴は確かに怖がらせがいがありますねw当の本人には大迷惑な話ですけどw
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/543-d620d6ef
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。