スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズ オブ エクシリア op.3

2011年09月21日 22:23

台風の影響がすごいみたいです。私が住んでるところも相当な被害のようですが、普通に外出してました・・・いつも通りの風と雨だなぁくらいにしか思ってないのですが、結構な事態になっているようです。そういう日は大人しく家に引きこもってゲームだねっ!(キラッ☆)



・謎めく少女との再会
ラ・シュガル軍の動向を探る為、ハ・ミルに立ち寄ったミラ様とゆかいな仲間たち。そこで、一人の少女を村の人たちでいじめる場面に遭遇してしまう。その少女は以前に助けてもらったあの少女だった。彼女を助ける一向だったが、村長をはじめ、彼らの対応は以前訪れた時とは違い、冷やかなものだった。
何とか村長から話を聞き出したところ、ラ・シュガル軍はジャモという巨漢の男が追い払ったらしいこと以外は有益な情報は得られなかった。ジュードくんの説得により少女と喋るぬいぐるみ―――エリーゼ姫とティポを一緒に連れていくことになり、ミラ様とゆかいな仲間たちはさらにビジュアル度を増し、イル・ファンへの旅路を行くことになった。

エリーゼ姫がとうとう参入!やっとこさ、フルパーティーでバトれると思いきや、NPC扱い(ガクッ・・・)。最早、「パブロフの犬」状態だな。
ジュードくんとエリーゼ姫のやり取りは、ジュードくんを主人公にした時に見られるということで、久しぶりにダブル主人公ということを思い出しましたwさてはて、どうやってジュードくんはエリーゼ姫を口説き落としたのかは、もう一方のルートでのお楽しみ。



・サマンガン海停へ
イラート海停に着いたミラ様とエリーゼ姫とゆかいな仲間たちはイル・ファンへと向かおうとするが、イル・ファン行きの船は閉鎖されていた。サマンガン海停から陸路で向かうことにした一向は、船でサマンガン海停へ向かった。

伝書鳩を使ってアルヴィンが連絡を取り合っている相手が彼の秘密を解き明かすキーポイントになりそうですね。ここで、彼の話を鵜呑みにするジュードくんとは私は違うよ。さぁ、どんな秘密が待っている!?
サマンガン海停ではサブイベントが豊富にありますね。ガーベッジ隊のサブイベントはなかなか深い話になりそうで、楽しみです。



・お姫様探求
サマンガン海停から陸路でイル・ファンへ向かうミラ様とエリーゼ姫とゆかいな仲間たちだったが、サマンガン間道では検問が敷かれており、通り抜けることは容易ではなかった。ここで、足止めを食らうわけには行かない一向はサマンガン樹海を通り、カラハ・シャールへ向かうことにする。暗い深い樹海の闇の中で待ちうけるのは―――?

ふぅ、ようやくエリーゼ姫が戦闘に参加ですね。ミラ様にとっては、彼女のサポート能力「ティポドレイン」が一番恩恵に与っているような気がします。ミラ様は魔技によるTPの消費が激しいので、敵からTPを吸収してくれるのが、私的にはありがたいです。
樹海の出口では巨漢の男―――ジャモの待ち伏せに遭います。ええぃ、男などいい!エロいお姉さんことプレザ様を出さんかぁ!どうやら彼は根っからの悪人という感じではないようで・・・アルヴィンにしても、エリーゼ姫の「能力」に価値を見出していることには違いないようですがね。エリーゼ姫の謎は深まるばかり。



・カラハ・シャールの領主様
樹海にてジャモの追撃を退けたミラ様とエリーゼ姫とゆかいな仲間たちはカラハ・シャールに辿り着いた。町の露店で高貴な女性と老人と知り合った一向は、彼女の家にお茶に招待される。二人は、シャール家の娘ドロッセルとその執事ローエンと名乗り、六家のカラハ・シャールの領主である兄クレインと引き合わせる。
シャール家のおもてなしを受けているところ、アルヴィンより情報を手に入れたクレインはミラ様に事の詳細を詰問する。イル・ファンの情勢がおかしくなってきているのは、王の座にナハティガルがついてからだと語るクレインに、ミラ様もラフォート研究所で見たことの全てをありのまま話す。全ての元凶がナハティガルにあると推測するミラ様はイル・ファンの王を討つことを決意する。
その時、事態を把握したクレインは王命により強制徴収された民を返してもらう為、単身バーミア峡谷へ向かった。ローエンはバーミア峡谷に向かったクレインを助ける為、ミラ様に協力を要請する。ナハティガルの企みを阻止する為にもその要請を受け、一向はバーミア峡谷へ向かう。



NPCの中でも強く関わることになりそうなシャール家との運命的な出会いというところでしょうか。エリーゼ姫とドロッセルがキャッキャッウフフしているシーンは何だか微笑ましかったです。さて、ドロッセル嬢はどう料理してくれようか、じゅるり。(←ゴフッ)
ここでも、アルヴィンは伝書鳩で「誰か」とやり取りしてますね。
ローエンがパーティーメンバーに加入ということで、五人目は早かったです。現在、魔法タイプのキャラが多いんですね。おかげで、TPの消費が激しく、プリンパンがおいしい。ちょっと待って・・・ムシャムシャ・・・今、TP回復するから、ムシャムシャ・・・。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/552-20aa30a3
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。