スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第2節 浦和レッズ vs 名古屋グランパス

2008年03月15日 22:16

Jリーグ ディビジョン1 第2節 浦和レッズ vs 名古屋グランパス
2008.3.15(土) 14:00 埼玉スタジアム2002




今日もテレビでJリーグやってくれたので、またまた録画したもので、ですが見る事ができました。

以下、感想(名古屋視点)。
前節の名古屋のワンサイドゲームは京都だからかと思いましたが、レッズを相手にしても前半はそうでしたね。
とにかく人が流動的に動く動く。人を追い越す動きが本当によく見られる。
それに加えてパスワークもかなり余裕が見られましたしね。名古屋の選手はあまり小細工せずにシンプルにパスしてました。私的にトリッキーなプレーよりこういう堅実な、基本に忠実な、と言うべきでしょうか、そんなプレーの方が好きなので、見てて面白かった。
もちろん、要所では閃きは必要ですよ。

名古屋の欠点というか、良くないなぁと思ったのは2点目が取れないこと。
いや、今回は取りましたけど、あれはあまり起こり得ない状況でしょう。
だから流れの中かセットプレーで取れたら、また余裕が生まれると思うし、勝率も高まると思うんですよ。

楢崎は貫禄のプレー。特に後半。見てて惚れ惚れする。GKのポジションで「魅せる」っていうのは難しいと思うのですが、今日はそういうプレーがいっぱい出たような気がする。

逆に言えば、それだけ浦和が攻めたってことなんですが、ほとんどミドルシュートなので、さして脅威的とまではいきませんでしたね。
浦和はやっぱワシントンやポンテの力がどれだけ大きかったかがわかる。
高原やエジミウソンはワシントンのように「こいつなら絶対点獲ってくれる」という感じがしないし(この二人使うなら浦和にとっては田中や永井を起用したほうがいいような感じするんですが、どうなのかな)。
ポンテのようにゲームコントロールできるプレイヤーがいないのも痛い。山田や梅崎では役不足感が否めなかった。
今回のゲームの最大の差はここだと思いました。
名古屋は今回はマギヌンが非常にその役割を果たしたと思います。タメをつくったり、サイドチェンジしたり。京都戦ではイマイチな感じでしたが、改めて力を見せたと思います。でも、コーナーキックはやめた方がいいかも。

後、名古屋は本当に楽しそうにプレーしてたけど、浦和はつまらなそうにやってたなぁ、って。
まるで「義務」みたいに。
そんなん関係あんのかよって感じですが、こういうのってゲーム中のチームの雰囲気として表れて、ゲームの流れを引き寄せるための要因の一つだと思うんです。
だから、後半は攻撃回数で言えば、両者に差はなかったと思うんですが、主導権はなかなか浦和にいきませんでしたしね。

浦和の良い点を挙げようと思っても出てこない。
監督も何考えてるのかさっぱりだなぁ。
個人的に田中と永井を先発に起用したほうが良いほうに転ぶと思うのですが、怪我とかでしたっけ?




RESULT

浦和レッズ 0-2 名古屋グランパス

0-1 ヨンセン(前半14分)
0-2 小川佳純(後半23分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/56-835dfa7b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。