スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Book report op.9~March 2012~

2012年03月03日 00:59

2月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1277ページ
ナイス数:9ナイス



機巧少女は傷つかない 7 (MF文庫J)機巧少女は傷つかない 7 (MF文庫J)
アリスやシンがどういった思想を持って行動しているのかが分かるのが今巻の大収穫なのではないでしょうか。アリスもまた深いところでもがき苦しんでいたわけですが、雷真やシンのように手を差し伸べてくれる者がいるだけでも、救われますよね。しかし、4巻に引き続き、ローゼンベルグさんはロキの格好の餌だなぁw敵側の魅力があまり感じられないのがこの作品の難点でもありますね。アリスやシンが味方寄りになって、それはますます懸念材料になりそうですし…。次巻からは「十三人」が登場しますが、大丈夫だと信じたい。
読了日:02月02日 著者:海冬 レイジ


刀語 第九話 王刀・鋸 (講談社BOX)刀語 第九話 王刀・鋸 (講談社BOX)
接吻で忘れさせたり、目隠将棋で集中力の欠如を図ったり…かなり強引に纏めた感が強い今巻。それまでの汽口慚愧の描写を鑑みるに、とがめの奇策はあっさりと凌駕されそうなんだけどな…と考えさせられる段階でこの解決方法にはやはり問題があるのかも。右衛門左衛門と真庭忍軍の対決の方が真っ当で面白いですね。鴛鴦のビジュアルが好みだったのに、今巻で退場というのが、今巻における最大のショックかもしれないw
読了日:02月05日 著者:西尾 維新


刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)刀語 第十話 誠刀・銓 (講談社BOX)
七実戦以降、えらく地味な戦闘が続くのが少し面白みに欠けるところですが、今巻の仙人との会話劇のようなものこそがこの作者さまの真骨頂でしょうね。苦手意識の把握と理解は成長を促すと共に新しい選択肢を彼らに与えることになりました。奇策士は「鑢」という刀をこれからもふるっていくのか、ふるっていくのならば、どういう想いでふるっていくのか。そして、全てが終わった後で、奇策士は「鑢」という刀をどうするのか―――きっと、これまでとこれからとはまた違う二人の関係性が出来上がっていくことだと思います。
読了日:02月07日 著者:西尾 維新


正捕手の篠原さん 2 (MF文庫J)正捕手の篠原さん 2 (MF文庫J)
前巻からスパンが短かったせいもあるのか、大きく質が落ちたかなぁというのが読んでいての率直な感想。校正の粗がそれに拍車をかけてますね。新キャラクターの愛理に三大ヒロインに割って入るほどの勢いと魅力が感じられないのも大きいのかな。深見さんのさり気ない仕草やアピールがいちいちいじらしくて可愛いと思えたのが今巻の最大の収穫ですかね。うーん、それにしても、明学野球部が強いというのはどうしても違和感が拭えないw
読了日:02月22日 著者:千羽カモメ


僕は友達が少ない7 DVD付き特装版 (MF文庫J)僕は友達が少ない7 DVD付き特装版 (MF文庫J)
夜空先輩の転落っぷりが凄まじいw今まで隣人部の中で常に主導権を握っていた彼女だからこそ、後手に回る彼女の姿に久々に大笑いさせてもらいました。ここでこの話を用意したのはグッドタイミングかもですね。また、「他人」→「友達」→「親友」に転換していく様を描こうとしているのもいいですね。小鷹が他人との深い付き合いを(無意識に)拒むのは過去の経験が起因しているのでしょうか。自分の行動の結果が誰かを傷つけるならば、そうなるのも致し方ないのかもしれませんが、そればかりではないことも彼は知る必要があるのかもしれません。
読了日:02月29日 著者:平坂 読

2012年2月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター









うわぁ…少ないなぁ…。分かってはいたけど、少ない。
それなのに、今月は欲しいライトノベルが10冊近くはあるという。最早、収拾がつかない。
とうとう、積読本が100冊を超えましたwつまり、家にはそれだけ買っておいて読んでいない本があるという。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/571-50399484
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。