スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TARI TARI op.2~集ったり あがいたり~

2012年07月30日 12:34

合唱部を創設して、合同発表会に臨む第2回。
足が竦んでも、手が震えても、みんなの支えと共に歌いたいが為に。

・三人だけの発表会

<あらすじ>
合唱部をつくることを決めた来夏は和奏や紗羽、弟の協力もあって何とかメンバーを集め、合唱部は正式に「部」として認められることになった。課題曲も決まり、練習を重ね、いざ、合同発表会へ!しかし、その当日に思わぬアクシデントが発生して―――。



<感想>
紗羽ちゃんが可愛い過ぎて、格好良くって、胸が辛い。もしかして…不整脈?

…というネタはともかく、本気で紗羽ちゃんが可愛くて、格好良いのですよ。



一年前の合同発表会での来夏の失敗が明らかになりましたが、それを軽く笑い飛ばす紗羽と恥ずかしがる来夏の姿を見て、二人の関係は本当に「友達」なんだなと感じました。

ここで深刻に捉えられる方が問題なんですよね。何故なら、いつまでもその失敗を引きずっていて、「過去」のものにしきれていないということだから。
ですが、来夏の中では一年前の合同発表会の失敗はきちんと「過去」のものになっていて、紗羽もそれを分かっているからこそ、恥ずかしい失敗の出来事も「笑い話」にできちゃうのですよね。「一年」という時間は彼女たちにとってそれほどの成長を促してくれる時間ということです。

だからといって、忘れることができてしまうほどの軽い出来事でもないというのが、合同発表会の時の来夏の態度や反応からも窺えます。
そんな時に紗羽の熱い叱咤激励や支えが来夏の大きな力になります。…もうね、紗羽ちゃんが本当に可愛くって、格好良くって、素敵過ぎます。何なの、この万能少女。こんな娘、私も欲しいよ!でもね、こういう娘はかまってあげたい!いつも他人の心配ばかりしてるから、せめて自分だけは心配してあげたいの。落ち込んでいる時に頭を優しくなでてあげたいんだよー!!



すみません、ちょっと妄想が止まりません。
しかし、やはり、あのゴスロリ衣装は紗羽ちゃんの趣味なんだろうか!?ママンやパパを見てる限り、そうとしか思えないw大智くんは「変な衣装」と(多分、紗羽ちゃんの衣装を)評価しましたが、そんなことないだろー!めっちゃ、可愛いじゃん!!!
紗羽ちゃんのママンは能登麻美子さんでしたが、「花咲くいろは」に引き続き、これまた勇ましい役ですねw



和奏はケーキを条件に少しずつ合唱部に参加していくことになりますが、もちろんこれは建前で本音の部分は来夏の「歌うこと」に対する真摯な姿勢に惹かれているのだと思います。彼女はそれを認めはしないでしょうが、やはり「音楽」が大好きで「音楽」から離れられない性質なのだと分かる回でもありました。
来夏のそんな姿勢は彼女を批判した教頭にも響いたみたいで、一度は合唱部の課題曲から取り上げた「心の旋律」を改めて歌うことを許しました。
この「心の旋律」は和奏にも教頭にも何かしらの思い出がある曲みたいで、この作品のキーになりそうですね。そして、校長先生の本当の狙いは何なのか?



合唱のシーンは来夏と紗羽の背後から照明を映すカットが秀逸。歌声は上に向かって飛ばすイメージが大切だとか音楽の先生からよく教えられた覚えがあるのですが、それが表現されてるようなカットだと思ったのですよね。



次回、振ったり 出会ったり。
一つのイベントが終わって、次のイベントが始まる。



・「TARI TARIラジオ ゆったりまったり放課後日誌」 第4回
今回も罰ゲームは高垣さんでしたが、馬の名前がアヤヒダジャレスキーって…どこのロシア人、もとい、そのまんまで噴いたwその期待に応えるようにエンディングまでダジャレ連発でしたが…いやはや、瀬戸さんも早見さんも順応性が高いなーw
このお三方のガールズトークは本当に私得ですわー。とてもほのぼのしていて和やかしていて安定していて楽しく聴けますね。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/580-576560bd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。