スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another op.4~Put flesh-輪郭-~

2012年08月22日 00:55

器の形が少しずつ浮かび上がる第4回。
僕は何も知らぬまま、次の犠牲者が生まれる。

・六月の死者/不可シ呪

<あらすじ>
桜木ゆかりの死のショックから自然気胸を再発させた恒一はあれから学校を休み、病院通いの毎日だった。幸いにも、再入院にはならなかったものの、後日、久しぶりに学校の教室に入るとクラスメイトの反応が急によそよそしいものになっていた。三年三組に「何か」があると感じている恒一は独自に調査を進めるものの未だその全貌を掴めずにいた。



<感想>
前回の「引き」がとんでもない引きでしたが、今回の「引き」もとんでもないものでしたw桜木さんに続いて、水野さんまでも…何だい、これは!私は怒ってるよ!彼女たちが何をしたって言うんだい!こんな可愛い美少女たちを容赦なく消してくなんて。こんな理不尽なことはないよ!だからこそ、インパクトも大きいのだと分かっちゃいる…分かっちゃいるが…原作でもここまで惨たらしい描写はなかったよ!顔がグシャアなんてなかったよ!

…さて、熱くなるのはここまでにして。

水野さんのエンドシーンは映像化ならではの見事な表現と流れでございました。前述の通り、原作ではアニメで表現されたような出来事がああまで具体的に描写されてるわけではなかったので、このシーンも半ばオリジナルと言えるシーンで、上手く膨らませた秀逸なシーンだと思いました。死へのカウントダウンが迫る恐怖と焦燥感とがすごく伝わってきます。



綾野彩との会話シーンも原作にはないオリジナルシーンで、これはその前のシーンで水野さんが語っていた「普通起こり得ないような事故」を表現したこれまた上手い追加シーン。桜木さんの件ももちろんその事例の一つではあるのですが、アニメの尺用に膨らませた場面で、こういうオリジナル要素が原作既読組にも楽しめる配慮がなされていていいですよね。
そもそも、赤沢さんですら原作ではここまで出張ってこないので、なおさら他のクラスメイトがこうして表現されるのがこの作品に初めて触れるような新鮮な感覚を与えてくれます。「対策係」が赤沢さん以外にもあの中尾くんや杉浦さんもいるのね。この辺りも面白かったんですよね。



今回は以上のような「不可思議な事故」を中心とした話だったので、「見えない死の呪い」ということで「不可視(死)の呪い」→「不可シ呪」としました。
うーん…私はラノベ作家にはなれんなwネーミングセンスゼロw中二病的にルビを振るなら「インビジブル・カース」とかw

こうした、「不可思議な事故」と三年三組がどのような関わりを持っているのか…それは次回以降、ですね。タイトル通り、「骨組」は出来上がってきてます。



次回、Build limbs-拡散-。
悲劇の連鎖は拡がっていく。それは、誰の怨嗟の声か。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/584-d3d6d7e5
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。