スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Book report op.15~September 2012~

2012年09月01日 01:36

8月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:949ページ
ナイス数:12ナイス

はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)Ⅲ (HJ文庫)はぐれ勇者の鬼畜美学(エステティカ)Ⅲ (HJ文庫)
一巻丸々vsフィル戦だけあって長く感じられますが、色々と趣向を変えて飽きさせない努力は見られます。とりあえずは一つの区切りがついて、次巻からネクストステージになりそうですが、あまり風呂敷は広げ過ぎず、張った伏線は次の巻で即回収くらいのスタンスでいってほしいです。「コクーン」や「朱の黄昏」との戦いは当分先の話のようですね。それまでに、面白さを維持できていればよいのですが…。今巻での鬼塚の立ち位置は1巻から急に変化があり過ぎて、少し違和感を感じますね。
読了日:08月06日 著者:上栖 綴人


ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)ブラック・ブレット―神を目指した者たち (電撃文庫 か 19-1)
情景・状況描写がかなり丁寧で日常とはかけ離れた世界観でもすんなり入り込めるのは良いところですが、無駄が多いかなという点も否めないので、もう少しすっきりされててもいいかもしれません。夏世は短いシーンで強烈なインパクトを残してくれましたが、将監はvs影胤のシーンくらいはないと何の為のキャラか分からずもったいない。それは些末なことで、一番の懸念事項は主人公のキャラや口調が不安定に感じることですかね。主人公に入れ込めないのは辛いところです。全体的なストーリーや展開は良かったので、次巻にも期待したいところですが。
読了日:08月23日 著者:神崎 紫電


ブラック・ブレット〈2〉vs神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)ブラック・ブレット〈2〉vs神算鬼謀の狙撃兵 (電撃文庫)
今巻は物語が脇道に逸れず、女性陣がそれぞれの魅力や強い信念を垣間見せはじめたり…と、前巻より質は高くなっていると感じました。ティナとの決着の均衡を崩したきっかけがアレだったのが今巻では唯一の決定的マイナスか。盛り上げる為の舞台は整い、後は男性陣が頑張ってくれれば概ね満足ですかね。木更や未織もいいけど、私は聖天使様LOVEかな。うん、誰も聞いてない。せいぜい「君は僕だけのものだよ。(中略)ハァハァ―――」しないようにしますwしかし、この三人とは誰が相手でも「身分違いの恋」になるのだから何だかすごい状況です。
読了日:08月31日 著者:神崎 紫電

2012年8月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター









よぉし、先月は6冊は読もうとか言ってた奴、出てこようかw

半分じゃないかい!(しかもギリギリ)

くそぅ、今月こそは。今月こそは。
何気に3~5冊程度の新シリーズに手をつけ始めてるので、少しずつ新巻が出てから読むまでのスパンは短くできる努力してるんだぜ、これでも…。

それから、これは本好きさんなら誰もが悩む事項の一つだと思うのですが…

本棚のスペースがない!

まぁ、いっぱい積んでる本ありますしねー(遠い目)
私はだいたい本はタイトルとか絵柄etc...インスピレーションで購入してるので、あんまりあらすじとかは読んでないんですよね。
ホント、早く積んでる本は崩してお気に入りの本だけを残しておけるようになりたいよ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/585-7d03f5e2
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。