スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマザキナビスコカップ 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.

2008年03月20日 18:04

ヤマザキナビスコカップ 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.
2008.3.20(木) 14:00 名古屋市瑞穂陸上競技場




そんな訳で、観戦してきました。
半年振りにスタジアムで生観戦です。
雨が心配でしたけど、なんとか午後には止んでくれました(午前中までバリバリ降っててどうしたもんかと思いましたけど)。


以下、感想(京都視点。ちなみにゴール裏での観戦です。やっぱり+1000円でサイドで俯瞰的に観戦したいなぁと思った)。
京都はほとんどメンバーを落としませんでした。正直、柳沢を観れなかったら嫌だなぁって思ってたので良かったです。
対する名古屋は落としてきましたね。もちろん代表云々抜きにしても。
そういう訳だからか、開幕戦のように今回は一方的な展開にはなりませんでした。ですから、シュート数でも名古屋を上回ってましたね。
私が観てたには中盤と中盤の対決という感じでほとんど膠着状態だったような気がします。
ですが、アタリバ投入以降は、パスが有効に回り出し、それが、決勝点に繋がったと思います。
決勝点はサイドを完全に崩し、入ってきたクロスを佐藤勇人がスルー、後ろから走ってきたアタリバが押し込むというパターン。
変にファンタスティックなゴールよりこういう組織的に崩して取ったゴールこそチームの強さでもあると思います。

思うに、サッカーの試合において中盤のプレーヤーのゲームコントロール能力がゲームの勝ち負けを決する大きな一つの重要なポイントなのかなってこれまでの公式戦3試合を観て思います。
名古屋ではマギヌン、京都はシジクレイ(今回に限って言えばアタリバとかも)、浦和は(今は怪我で離脱してますが)ポンテとか・・・彼らは攻撃面においても守備面においてもパスや動きで効果的な働きをします。そして、それがゲームの流れ、雰囲気を変える要因にもなっている。
今、挙げたプレーヤーが全員外国人なのが悲しい現実。日本代表にこういう役割をこなせるプレーヤーがいないから今の日本代表の試合は面白くないんだろうなぁなんて思いました。



シジクレイは生で観ると、本当に相手からすれば嫌なとこにいるなぁと思わせる。一手、二手先を読んでる。ガンバの時はあまりいいプレーヤーとは思ってなかったのですが、すいません、すばらしいプレーヤーです。

柳沢は、今回はシュート無かったかな。第2節はかなり打ってたようなので、もっと強引に無理な位置からでも打つのかと思ってましたが、あくまで、確実なほうを選んでましたかね。
今回はあまりトップにボールが来たって印象がないので、なんとも言えませんが、ラストパスの精度がもう一つだったかも。
とはいえ、動きは観てて面白い。っていうのは周知の事だろうから、やっぱりゴールが見たいところ。



これで、しばらくはテレビでダイジェスト見るしかない日々かなぁ。
次にスタジアムに行くなら、鹿島が来た時ですかね。




RESULT

名古屋グランパス 0-1 京都サンガF.C.

0-1 アタリバ(後半33分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/61-89d7c29b
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。