スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第6節 清水エスパルス vs 名古屋グランパス

2008年04月13日 22:07

Jリーグ ディビジョン1 第6節 清水エスパルス vs 名古屋グランパス
2008.4.12(土) 14:00 日本平スタジアム




久々にテレビでJリーグしてくれた&私に暇があったので見てました。

以下、感想(名古屋視点)。
気づけば、5連勝ですね。
去年もこの頃は連勝してましたけど、「強い」かと問われればどうかな?って感じでした。
が、今年は「強い」と思います。
というのも、ここまでやってるサッカーが一貫してるから。
誰かがボールを持てば常に全員が動く。
プレーはシンプル。
このあたりは以前見た時から変わってないような気がします。

3/15「2008年Jリーグ ディビジョン1 第2節 浦和レッズ vs 名古屋グランパス」で名古屋の欠点として2点目が取れない事と指摘したんですが、その後の試合は2点以上取ってる試合ばかりで杞憂だったのかもしれませんね。
途中交代で出てくる杉本がここ2試合はかなり効いてるみたいですね。
確かに運動量の落ちてきた中での杉本のスピードは相手からすればかなり厄介ですよね。
短い時間で結果を出せてる点も○です。

そして、失点が少ない。
このあたりは楢崎やバヤリッツァのディフェンスコントロールが大きいんですかね。
次の代表戦では楢崎が先発してくんないかな・・・今の川口じゃ不安だ。

「強い」とは思ってますが、まだ不安点はあります。
負けたときの次の試合はどうなるのか。
控え選手と先発選手との差。
なんとなく前者はピクシーが上手くメンタルコントロールしてくれると思ってます。モチベーションを上げるの上手いと思うんですよ。何となくなんだけどさ。
問題は後者かな。
ヨンセンやマギヌンがいないときはかなり厳しい試合になるなぁと思います。
私がスタジアム観戦した時3/20「ヤマザキナビスコカップ 第1節 名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.」が正にこの状況(とはいえ、あの時は計算して外したんでしょうが)で、やるサッカーは変わらないと思うんですよ。
でも、能力の差が出ると思うんですよ。実際この時も点取れなかったし。



鹿島戦は瑞穂でやるんだな。
このころにはまだ現状況のまま(天王山)で対戦してほしいな。
観戦ほぼ決定です。何も無ければ。




RESULT

清水エスパルス 0-2 名古屋グランパス

0-1 小川佳純(前半4分)
0-2 杉本恵太(後半44分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/78-89e01b92
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。