スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年Jリーグ ディビジョン1 第10節 名古屋グランパス vs ガンバ大阪

2008年05月03日 19:08

Jリーグ ディビジョン1 第10節 名古屋グランパス vs ガンバ大阪
2008.5.3(土) 14:00 豊田スタジアム




何か今年はNHKでたくさんJリーグやってくれるなぁ(本当は先々週位の鹿島×G大阪のもテレビでやってくれて書こうと考えてたんだけど、気づけば寝てしまって、書けなくなった)。
去年とかテレビでJ見たのって二回位じゃなかろうか。
少なくともこの時期こんなにやってたとは思わないが。
まぁ、名古屋はピクシーが監督に就任し、一時は6連勝し、注目浴びてるっていうのもあるのかな。



以下、感想(名古屋視点)。
結果だけ見ると、今日も負けて3連敗しちゃいましたね。
ただ、内容はこれまでとほとんど変わってないんだよね。
だから、書く感想もこれまでとほとんど変わらない。
今日の試合の悪い点は、

決定力不足
試合終盤での疲れからの単純なミスの多

ですかね。

前者は今日を含め負けてる3試合(前の2試合は観てないので何とも言えないのですが)見るとちょっと深刻になりそう?杞憂かと思ってたんですが、なかなかどうしたものかですね。
以前からも指摘してるんですが、名古屋が勝ちきるにはやはり2得点は必要。もう一手が欲しいですよね。
今回戦ったガンバと比べて決定機におけるゴールになりそうな確率や質は間違いなく名古屋の方があった。それでもゴールに至らなかった。こういうのは、ちょっと性質が悪いものです。

得点シーンはすごいぞくっとしたけどね。
小川のシュートもすばらしいものだったけど、その前の吉村の外に回りこんだデコイランが良かったですよね。それが「意外性」を生み出しましたね。
かの有名なサッカー漫画「シュート」でもこういうこと言ってます(誰だったか覚えてないけど、大塚さんかな?)。

ボールのあるところで仕事が出来るやつは一流だ。だが、ボールのないところで仕事が出来るやつは超一流だ

とかなんとかこんな感じのこと。
やっぱ「プロ」の試合なんだし、こういうのを観てる側としては見たいですよね(他の試合の選手のプレイにもよるけど、なんとなく今週のやべっちの「巧」に選ばれそうだけど、どうかな)。

後者は新しく私の中で新しく浮き出た不安要素。
終盤の疲労が溜まってきた中で、いかに正確なプレイが出来るのか、が重要なのに。今日の試合は明らかなミスが多かった。
今日がたまたまなのか(だといいけど)わからないけど、これが次も出るようなら危ない。
夏場は大丈夫かなぁと不安になる。
多分、この調子だと試合終盤の失点が増えそうな感じが。んで、逆転負けとかいう嫌なパターンができそう。
体力面の向上は今からじゃきつそうだし、試合終盤は全員集中力を高めて乗り切って欲しいところ。

以前からの不安点も的中してる?
負けた時の次の試合は、ここまで3連敗だし。
控え選手と先発選手の差はまだ分かんないけど、少なくともヨンセンがいなくなるとポストプレー出来る選手って、巻?
今日の試合見ると(これまでの試合も含めてですが)、ヨンセンに一度ボールが収まって、そこから落としたりサイドに散らしたりしてゲームができてる感じするから、この不安も的中しそうだなぁ。



対する、ガンバは思うに名古屋よりやばそうなんですが、どうでしょうね。
ガンバは攻撃的なチームということが特徴ですが、今日の試合見る限りFWの能力はあまり高くないのかな、と思う。
まぁ、攻撃的なチーム=FWがすごいというわけでもないし、ガンバがそう言われるのはとにかくシュートを打つからなんだろうなぁとは思った。
バレーはボールは収まるし、前も向くけど、そこからアイディアがない。ただ、シュートを打つだけ。
播戸は確かに積極性はあるけど、パス、ドリブルの精度に欠いている。それに、判断も悪いかな。
それでも、シュートはたくさん打つから得点は取るし、試合には勝つ。
あと、FWのいろんな不足分をMFが補ってるからっていうのもある。
遠藤、二川、明神、橋本、ルーカス・・・この辺りの選手がやっぱ際立ってる感じするよなぁ。
まぁ、選手にしてみれば、試合に勝つことが何よりも優先事項だろうけど、見てる側としてはね。
1点目も2点目もただ入ったって感想しかないんだよね(2点目こそはニアにシュート打ったバレーのストライカーらしいところでいいとは思うけど)。



なんか、名古屋ばっか持ち上げて、ガンバは下げまくってますけど、もちろんガンバにも頑張ってほしいんですよ。ガンバ嫌いとかそういうのは全然ないですから。あくまで私の思った事なので、そうかぁ位の感じで受け止めてくれれば有難いです。
個人的にガンバの中盤にパスの上手い選手が揃ってると思ってるから、もっとパスで魅せてほしかったなぁと見てる側として思ってるから、こういう感想になったんでしょうね。



なんにせよ、柳沢を応援してる身としては京都も久々に勝ってくれて良かった。




RESULT

名古屋グランパス 1-2 ガンバ大阪

0-1 バレー(前半24分)
1-1 小川佳粋(前半33分)
1-2 バレー(後半24分)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://transcendante.blog68.fc2.com/tb.php/93-eeea88d1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。