スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋の国のフェスティバル

2012年07月04日 01:30

EURO2012も終わりました。今更の話をするのが好きな結崎です。

決勝はスペインとイタリアでしたが…いやはや、終わって見るとスペインの圧勝でしたか。
スペインもそろそろ力量として下降を辿り始めているようなそんな感じがしましたが、下馬評でも優勝候補No.1に挙げられるだけあって、まだまだ他の追随を許さないといったところでしょうか。連動性に基づいたパスサッカーはますます円熟の極みにありますね。

イタリアは以前の運動量の少ないサッカーはどこへいったのか、すっかり見違えるようでした。フランスとイタリアは共に低迷期にありましたが、イタリアはようやく活路を見出した模様。フランスはまだまだ時間がかかりそう。

スペインの対抗馬と目されていたドイツがイタリアに敗れたのはやはり意外でした。あの試合に関してはイタリアの守備の集中力は凄まじいものがありました(それを決勝でも見せて欲しかった)が。でも、公式戦の記録でもイタリアの方が勝っているようですし、相性ってあるんでしょうかね?

しかしまぁ、ドイツは若手が次から次へと出てきますよね。シルバーコレクターと言われるドイツですが、スペインの次はドイツの時代だと思うのですよね。今の面子がどんどん年齢を重ねるにつれて、経験値を増やして、よりたくましいドイツの未来がありありと目に浮かぶんですよ。将来性という点では、スペイン、イタリアはおろか世界的に見ても群を抜いているような気がします。

開催国のポーランドとウクライナ。ポーランドはいつの間にかいい人材が揃っているようで…それでも予選落ちということはこれからに期待なのでしょうか。
ウクライナと言えば、初戦のスウェーデン戦ですよね、やはり。シェフチェンコが好きな私としては最後の雄姿をこの目にしかと焼きつけましたさ。あの2ゴールは忘れない。できれば、予選突破してほしかったが…フランスに力負けしてしまったか。

ギリシャは何故だか毎度のように予選は突破しますよね。不思議な力を持った国だなぁと思いますw

多分、これが最後の…

2011年12月21日 12:37

日記にするわけでもなく、しんみり感を出してみました。



前回の記事から間が空いた(なんてことは毎度のようにあるような気がしますが、そこはスルーで)のですが、その間に地元の実家へと戻ってきて、引越しの片付けやら手続きの関係とかでまさに師走の月にふさわしく慌ただしく過ごしている…わけでもなく、のんびり過ごしているダメな人間のままですよ。きっと、私は生きてちゃいけない。

まぁ、それはさておき、ネットができないというのが現状の辛い状況です。ここまで間が空いた原因でもあります。色んな事情が重なってネット環境が整うのは早くとも一月下旬になりそうなのですが、その間はこうやって漫画喫茶に入り浸って細々とやるしかなさそうです。地元ではアニメが今までのように夜中にたくさん放映されてた都会ではなく、田舎なのでアニメを観るにしてもネットに頼るしかないのに、家でネットができないとは何たる苦行!情報収集もネットに頼っていたので情報が入ってこないのがもっと辛いのですが…(携帯は普段から全く使わない)。

つまりは、いい加減に仕事を決めろということなので、重い腰を挙げていくらか履歴書を送り付けたりしてるのですが、結果が出ないので就職セミナーなんかに行ったりもして、心構えから叩き直されてる日々です。その度に、自分の気持ちとのズレを認識して、モチベーション落として帰宅しているのですが。

何と言いますか、今になって、自分の置かれている状況を認識し始めたというか…今までは、一人暮らしで自分の中だけで一日が終わっていたのですが、実家に帰って来て、親や兄弟や友達と出会う中で自分一人の中で完結しない日々ができてきて…自分が見えてきたというか…。自分がどういうふうに見られているのかっていう視点が見えてきて、それについて考え出すと悪いことばかり考えちゃうんですよね。誰もそんなこと思ってなんかいないんだろうけど、自分の中ではそう思っているに違いないって決めつけて…それしか考えられなくなって…何とかしなきゃなぁ、って。今までもそう思っていたはずなのに、全然その重みが違うというか。



よーし、少しスッキリした!
相変わらず、この場所は自分が愚痴る場所として機能しているなぁw
何だかんだでこのブログを初めて継続してもうすぐ4年の月日が経とうとしているのが、自分でも信じられない。あんまりたいしたことは書いてないけど、一つの誇りかもしれない。

年内にもう一度か二度は更新したいのだけど、どうなるか。漫画喫茶でネットにダイブしてもアニメを観るのに忙しい(←それより、仕事を探せ!)。

闇の中で蠢く胎動

2011年11月09日 23:25

相変わらずタイトルに意味はありませんw



さて、今月から恒例のアニメ感想を書いていくとか言っていたような気がするのですが、もう今月も三分の一が過ぎようとしています。このスタートの遅さもまた私なんですよね…ええ。
忘れていたわけじゃないですよ。ただ、当初、やろうと思っていた作品がどれもやりにくそうなんで、困っていたんですよ(汗。

「ちはやふる」はネット配信に頼ることになっていて…GyaO!で観ていたのですが、画面が小さいのとちょくちょく広告が入ることにストレスを感じて、やっぱ、きちんと商品化されてからのんびり観ようということになりました。

「ベン・トー」は、あれ、原作既読者はどういう評価をしているのか気になるのですが、どうなのかな?
珍しく、この作品は私も原作を読んでいるのですが、予想していた最低限のラインの完成度ではあるかな、と。
映像化に当たって、最も気にしていた点は「狼たちの半額弁当にかける想いの熱量」と「半額弁当(「食」)の魅力をどれだけおいしそうに伝えられるか」をきちんと描写できるのか、だったんですが、さてはて…。正直、「勢い」に任せているだけかなという感じなんですけど(後者なんて「たまゆら~hitotose~」の方がよっぽど上手く表現されているような気がします)。
まぁ、結構な好評みたいなんで、何よりです。原作未読の方はぜひとも原作も読んでみてください。
この作品に関しては、私には、いわゆる「原作フィルター」がかかってるみたいなので、これ以上は書かないでおこう。これ以上書いちゃうと上から目線の嫌なやつになっちゃって、せっかく好意を持って観てくださっている方を逆に原作から遠ざけちゃうことになりそうなので。

「ギルティクラウン」はちょっと都合よく進み過ぎですね。集と涯が過去に何らかの関係があるならああいう展開にも納得いくんですけど、そうでないなら、違和感が残るなぁ。



こんな感じで当初やろうとしていた3作品はいずれも何らかのいちゃもんがついてしまって少し自分の中でテンションダウンしてしまったという。

そんな中で、じゃあ改めてどの作品を取り上げようかということになったのですが…そもそも、今の私にやれるのか。いっそのこと、今回はやらないという選択肢もあるよなぁなどとも考えたりして。

というのも、今でこそたくさんのアニメをテレビで観られる環境に住んでいるのですが、とうとう地元に逃げ帰る日が決まってしまって、今までのようにたくさんのアニメが観られる環境じゃなくなってしまうのですよね(来年からは大幅にアニメを観る作品が減りそうだなぁ…しくしく、まぁ、最近はニコニコ動画でも公式に多めに作品が配信されるようになってますけどね)。

なので、今期の作品をやり出すと最悪、途中頓挫もありえるなと思ってしまいまして。

…でも、その辺りはやり出してから考えるべき事項か。いつもいつもやり出す前に未来のことを考えて諦めるのは私の悪い癖だな。という思考に至り、やっぱり、やり始めるという(今日の日記は完全に私の心の中のひとりごとですw)。

ということで、色んな作品を観て、改めてやってみようと思える作品は「Fate/Zero」、「たまゆら~hitotose~」、「UN-GO」なんですけど、前二つは前評判も好評で、期待値も高く、実際にその期待にそぐわぬ出来だし、いい感想を書いている人はいっぱいいそうなので、ここではやめておこう。
その点、「UN-GO」はそこまで盛り上がってもなさそうで、評価も賛否分かれてるみたいなので、やってみて一番面白そうかなと。現在、これを書いている段階で3話まで観てるんですけど、私はすごい興味惹かれて観させてもらってます。



長いひとりごとを書き連ねてきて、私が今期取り上げるアニメ作品は「UN-GO」になったわけですが、せっかくなので、原作を読みつつ、その辺りとの比較も交えて、感想書けないかなぁと思ってます。1話につき原作の1エピソードを底本にしているようで、一週間に1エピソードずつ読む分には幸いにもページ数もたかが知れてるのでやれるかな(まぁ、既に3話分の遅れが出ているんですけどねw)。

とりあえず、土日までには1話の感想を書いてアップしたいものです、はい。

回転する車輪の如く

2011年10月21日 23:50

先月の活動振りが嘘のように、今月は全くここは機能していませんが、現実世界では生きていますw
いい加減、自分も真面目に仕事探さなくちゃなぁとようやく重い腰をあげまして、只今、勉学に励んでおります。
今月末に試験がございまして、図書館司書を目指すことになりそうです。が、スタートを切ったのは正に今月も少し過ぎた頃。他人からすると、相当に舐め切ってるとしか思えない所業でございます。
正直、相変わらず先は見えないままだけど、今は「やるしかない」と思って、ひたすら学生の頃の知識を再度叩きこんでいます。
残り一週間、ラストスパート。全く範囲はカバーし切れてないし、予定通りには事は運ばないけれども、それでもやるしかないよなぁ。



そんな中でも恒例のアニメ感想はどの作品にしようかなと悩んでいるわけですが、どうしようか。
「ベン・トー」はここで取り上げるには内容薄くなりそうなので、「ちはやふる」にしようと思ったのですが、私の地域ではネット配信に頼るしかないので、何度も見返して感想を書く身としては、非情にやりづらいことこの上ない。
となると、「ギルティクラウン」になるのかなと思うのですが、初回を観てみないことには分からない。
いずれにしても、来月から怒涛の勢いでまた書いていきたいと思います。

空の色 風の音

2011年09月06日 19:37

空の色 風の音



この世界で生きるのはとても辛い。
そう思ったら、上を見て。

こんな日だからこそ、お外で読書をしてみましょう。



・・・くそぅ、何故か左下に黒い痣みたいなもんが!純正真っ青な空の色を撮りたかったのにぃ!
マイデジカメも結構な年だからなぁ・・・。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。